小説が実写化される条件とは

出版した小説が実写化される条件にはどのようなものがあるのかですが、明確な定義が設けられているわけではありません。
ただ注目されて売れたり反響を呼んだりした場合に実写化される条件の一つになるでしょう。
映画やドラマは、観てくれる人をいかに多くしていくかは関わる人すべてにとって必須です。
特に映画の場合は、興行成績が生活に直結します。億単位の予算をかけるメジャー系作品などを実写化する場合には、特に製作費の回収を考えより集客力が高そうな要素などを盛り込む傾向がみられ、そして予算の決め方は出版した小説の反響や売れ行きがどのくらいあるかにより変わるためどれくらい小説の作品が売り上げて評価を得たかは重要な条件です。
また、小説が文学賞などをとることも実写化されやすい条件となります。

昔はオリジナルの物語や脚本が作られる事が珍しくなかったのですが、現在ではオリジナル脚本のほうが珍しいです。
これは、脚本家が日本国内ではあまり育たなくなってきているという事情があります。
漫画や小説など別の媒体で出ているものが反響が見られる場合に実写やアニメなどの媒体でメディアミックス展開をする傾向があり、またコンテンツを探しているテレビ局や映画会社側がそうした媒体の作品に頼らざるを得なくなっている話もあります。

漫画や小説などのメディアで発表された作品が実写化される場合には、原作を知っているファンから実写化されることで不満や嘆きの声が毎噴出するという問題もあることも考慮しなければなりません。
それは原作を知っている人から見ると、原作の世界観が良かったと思う人ほど後で実写化された映像やキャストを見て幻滅してしまう人が少なからずいるためです。 原作に忠実であるべきかどうかという点もしばしば議論の対象となります。
あまりに原作の設定を無視したオリジナルストーリーである場合には、原作の良さは完全に消えてしまい観た人の失望が大きくなってしまうことが多くあります。
ただだからかといって、忠実に再現することでも展開が読めてしまう分だけつまらなくなってしまう可能性があるためこのあたりのバランスは原作者と話し合いを重ねる必要があるでしょう。

このページのトップへ