映画小説とは?おすすめするポイントは?

日本には趣味や嗜好に合わせたさまざまな娯楽が存在しており、その中でも幅広い世代の人に親しまれている娯楽の一つに映画鑑賞があります。
自主製作で小さな映画館で開演する種類のモノもあれば、邦画や洋画ともに人気のシリーズで、幅広い世代から親しまれて人気シリーズとして何十年も愛され続けている映画もあります。
前評判はさほど高くなくても、近年はSNSなどを通じて人々の口コミが広がり、映画鑑賞した人の口コミやつぶやきで人気に火が付いた大ヒット作品などもあるのです。

映画小説は一つの作品で映画の原作になるもとの小説の場合もあれば、映画がヒットした中でその脚本を小説化して映画小説として出版される場合もあります。
近年は小説だけではなく漫画が原作となって実写化している作品も多く、CGやさまざまな技術が高くなっている中で、その漫画の世界観を実写化することは不可能と言われていた作品が次々に世に送り出されているのです。

映画小説はその原作が好きだからこそ、映像化されるときにその作品のコアなファンから不安視されるコメントが良く聞かれますが、映画小説のおすすめポイントとしては、自分の頭の中で広がっていた小説の世界やイメージが、実際に存在する俳優達によって具現化されて視覚や聴覚からも五感でその作品の世界観を楽しめる事が出来る点にあります。
映画作品としてその小説が表現されることによって、文字を読んで感覚的に登場人物を創り上げて、想像の中でその世界観を生み出して小説を楽しめる想像力豊かな人にとっては、自分の創り上げた世界とその映画の監督が創り上げる世界との違いや共通点を探しながら鑑賞する楽しみもあります。
本を読んでその世界観をイメージすることが苦手な人にとっては、視覚的に楽しめる映画化は映像を見る中でその作品や世界観、人物やストーリーを体感できるために気軽に楽しむ事が出来ます。

映像を楽しんだ後に映画小説を読むことも、文章からその世界観を感じて映像で見た感動を呼び起こしたり、何度も繰り返し読むことによって新しい気づきがあるなど作品の魅力を感じる幅が広がるのです。

このページのトップへ