海外小説などが原作の人気海外ドラマのリメイク

海外小説などが原作となっている海外ドラマは昨今日本でもリメイクされていて人気があります。
例えば、木曜ドラマの「グッド・ドクター」も韓国ドラマのリメイクです。
このドラマは2013年に韓国で放送され、20%を超えた視聴率も獲得するほど話題作になったといわれています。
このドラマのストーリーは、自閉症ながら、天才的な暗記力と空間認識能力を持つ政変が、様々な人達に助けられながら偏見や自身の弱さを乗り越えていきながらトラウマも克服していくという心温まるヒューマンドラマです。

この作品は話題を呼び、2017年にはアメリカでリメイクされました。
この純真無垢な青年の姿が世界で感動の涙を呼んだのです。
日本でもリメイクされて放映されていますが、これらのリメイクの視点はアメリカのドラマの製作の仕方とはまた違った視点やアプローチになっているといえます。
韓国のドラマの設定や人間模様、そして背景などはアジア的な感覚などがあり、すんなりと観られるという点などがあります。そんなところもあって、「グッド・ドクター」も日本で注目されているのです。

昨今、漫画や小説を原作とした実写ドラマ化などに加えて、海外リメイクの作品が急増中で、2018年は海外ドラマ原作が大ブームになっているのです。
韓国ドラマのリメイク作品は没入感がすごい、次回も早く見たいといった意見などもあって好評です。
また、2016年の韓国版ドラマの「シグナル」もブームになりました。
韓国ドラマは海外でよくリメイクされているといわれています。
海外で韓国ドラマのリメイクが続く理由として挙げられるのが、韓国ドラマの成長です。
昨今のドラマは出生の秘密のようなストーリーでなくて、様々なジャンルの作品が登場していて、国籍問わず共感性が高いものも多くなっているということや、温かさのあるヒューマニズムや分かりやすいストーリーなどが人気で、原作として歓迎されているということなのです。

このページのトップへ